環境貢献事業

ホーム > 環境貢献事業 > 施設について > 寄居エコスペース(彩の国資源循環工場内)

環境貢献事業 / 施設について / 中間処理総合リサイクル施設寄居エコスペース(彩の国資源循環工場内)

埼玉県大里郡寄居町三ケ山262

TEL
048-582-5800
FAX
048-582-5822

彩の国資源循環工場 寄居エコスペースは2基の焼却炉を保有し、有機 汚泥の肥料化、廃電子機器リサイクル、固形燃料(RPF)の製造、金属リサ イクル、サーマルリサイクル等による20品目以上の廃棄物を原料とした総合 的リサイクルを行う廃棄物処理施設です。

再資源化が難しい廃棄物を燃焼して廃熱を発電、肥料乾燥、焼却汚泥等 に利用しています(サーマルリサイクル)。また、発電を行う事によりCO2排出 量の抑制及び削減を行っております。さらに、廃プラスチック類を中心にRPF の製造、廃電子機器のリサイクル等により、資源を有効活用します(マテリア ルリサイクル)。当サイトにて処理する廃棄物の再生利用率は、98%以上を 目標として活動を実施しています。

彩の国資源循環工場とは

 

 

 

 

処理品目

搬入物及び搬出物

搬入物には、産業廃棄物15種類及び特別管理産業廃棄物一般廃棄物があります。搬出物には、再利用されるものとして、有機肥料・固形燃料及び金属スクラップ、最終処分場へ運び埋立て処分するものとして焼却残さ及びガラスくず等があります。

産業廃棄物15種類及び、特別管理産業廃棄物、一般廃棄物については、処理品目をご覧ください。

廃棄物処理施設の能力

汚泥、プラスチック、廃油その他の各種産業廃棄物並びに家庭から出る一般廃棄物受入、一部の廃棄物については肥料等としてリサイクルし、その他のものは最終処分するための前処理としての安定化、減容化の処理をする施設です。

廃棄物処理施設の能力詳細

No. 施設名 形式・能力 処分方法 廃棄物の種類
1 焼却施設
(サーマル
リサイクル)
90t/日(24h) ピットに貯留した廃棄物は、クレーンにて投入し、廃油、廃酸、廃アルカリはそれぞれのタンクからポンプにより炉内噴霧 汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず
24m3/日(24h) 廃油、廃酸、廃アルカリ
2 脱水施設
(ERS-1、2)
化学反応 脱水機 288m3/日(24h)
(144m3×2基)
肥料原料ピットからクレーンにて投入。処理後、肥料ピット又は脱水貯留ピットに貯留する。 燃え殻(肥料原料として再利用可能なもの)、汚泥、動植物性残さ
3 乾燥施設 直接熱風乾燥式 ロータリードライヤ 120m3/日(24h)
(60m3×2基)
サーマルリサイクル施設排ガス余熱による直接熱風乾燥方式 燃え殻(肥料原料として再利用可能なもの)、汚泥、動植物性残さ
4 破砕施設 1 二軸せん断式 30t/日(8h) 重機により投入、処理後はコンベアにて搬送する。 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず、がれき類
5 破砕施設 2 一軸せん断式 90t/日(24h) 重機により投入、処理後はコンベアにて搬送する。 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず
6 破砕施設 3 二軸せん断式 10t/日(8h) 重機等により投入し、サーマルもしくは、マテリアルリサイクル。 廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず
7 圧縮施設 油圧プレス式 35t/日(8h) 重機等により投入。処理後は、リサイクル品として販売。 廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず
8 破砕・減容施設
(RPF成形機)
一軸破砕機・
熱圧縮成形機 30t/日(24h)
重機等により投入。破砕処理後は、コンベアにより成形機に投入。処理後はコンベアにてストック場所に搬送後販売。 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず
9 破砕施設(ハードディスク破砕機) 0.79t/日(8h) 破砕 廃プラスチック類(ハードディスクに限る)、金属くず(ハードディスクに限る)
10 破砕施設(銅線剥離機) 1.30t/日(8h) 破砕 廃プラスチック類(ケーブル類に限る)金属くず(ケーブル類に限る)
11 破砕施設 4.48t/日(8h) 破砕 廃プラスチック類(未加硫ゴム及び廃タイヤに限る)
3.24t/日(8h) 破砕 金属くず(基盤などの配線板に限る)
12 破砕施設 4.62t/日(8h) 破砕 木くず(破砕施設1で破砕されたものに限る)
13 減容施設 0.4t/日(8h) 減容 廃プラスチック類(廃発泡スチロールに限る)
14 焼却施設 90t/日(24h) ピットに貯留した廃棄物は、クレーンにて投入し、廃油、廃酸、廃アルカリはそれぞれのタンクからポンプにより炉内噴霧 汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず
14.4m3/日(24h) 廃油、廃アルカリ
15 乾燥施設 60m3/日(24h) サーマルリサイクル施設排ガス余熱による直接熱風乾燥方式 燃え殻(再利用可能なものに限る)、汚泥、動物性残さ
16 乾燥施設 60m3/日(24h) サーマルリサイクル施設排ガス余熱による直接熱風乾燥方式 汚泥、動物性残さ

廃棄物保管施設の容量

取扱い品目に対し、21種類の保管用ピット、タンク等を備えており、最大処理能力に対して保管容量を確保しています。

廃棄物保管施設の容量詳細

No. 廃棄物の種類 保管施設名称 面積 保管の
高さ
保管
状態
処理内容
1 燃え殻、汚泥、動植物性残さ 肥料原料ピット 30.4m2 4.6m (140m3×2基) 屋内 脱水処理
2 燃え殻、汚泥、動植物性残さ 肥料ピット 32.6m2 4.6m (150m3) 屋内 乾燥処理
3 汚泥、動植物性残さ 汚泥ピット 33.3m2 6.0m (200m3) 屋内 乾燥処理
4 廃油 廃油タンク 18.8m2 2.6m (20m3) 屋外 焼却処理
5 廃酸・廃アルカリ 廃酸・
廃アルカリタンク
6.4m2 3.4m (20m3) 屋外 焼却処理
6 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残さ、動物系固形不要物 産廃ピット 157m2×1基 7.0m (1100m3×1基) 屋内 焼却処理
7 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず RPF原料ヤード 225m2 2.0m 屋内 焼却処理
8 廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず 容器入り廃棄物一時保管エリア 49m2 2.0m 屋内 焼却処理
9 廃プラスチック類(ハードディスクに限る)、金属くず(ハードディスクに限る) ハードディスク一時保管エリア 4.5m2 1.0m 屋内 破砕処理
10 廃プラスチック類(ケーブルに限る)、金属くず(ケーブルに限る) 廃ケーブル一時保管エリア 4m2 1.0m 屋内 破砕処理
11 廃プラスチック類(再生利用なものに限る)、金属くず(基盤などの配線板に限る) 未加硫ゴム及びタイヤ一時保管エリア 21m2 4.8m (4.5m3 x16個) 屋内 一時保管
12 廃プラスチック類(再生利用なものに限る) 未加硫ゴム及びタイヤ一時保管エリア 20.3m2 3.3m (4.5m3 x4個) 屋内 一時保管
13 廃プラスチック類(再生利用なものに限る)、金属くず(基盤などの配線板に限る) 未加硫ゴム及びタイヤ一時保管エリア 13.4m2 0.9m 屋内 一時保管
14 木くず 木くず一時保管エリア 31.5m2 3.0m 屋内 一時保管
15 廃プラスチック類(廃発泡スチロールに限る) 廃発泡スチロール一時保管エリア 22m3 1.0m 屋内 一時保管
16 廃プラスチック類(廃トナーカートリッジに限る)、金属くず(廃トナーカートリッジに限る) 廃トナーカートリッジ一時保管エリア 22m2 4.0m 屋内 一時保管
17 廃プラスチック類(廃トナーカートリッジに限る)、金属くず(廃トナーカートリッジに限る) 廃トナーカートリッジ一時保管エリア 34.7m2 2.0m 屋内 一時保管
18 廃プラスチック類、金属くず 廃電子機器保管ヤード 33m2 4.0m 屋内 破砕・圧縮
19 廃プラスチック類、金属くず 廃電子機器保管ヤード 28.6m2 2.0m 屋内 破砕・圧縮
20 廃プラスチック類(ケーブル類に限る)、金属くず(ケーブル類に限る) 廃ケーブル一時保管エリア 12m3 2.0m 屋内 一時保管
21 廃プラスチック類(ケーブル類に限る)、金属くず(ケーブル類に限る) 廃ケーブル一時保管エリア 6m2 2.0m 屋内 一時保管
22 廃プラスチック類(廃トナーカートリッジに限る)、金属くず(廃トナーカートリッジに限る) 廃トナーカートリッジ分別エリア 25m2 2.0m 屋内 破砕処理
23 廃酸(容器入りのものに限る)、廃アルカリ(容器入りのものに限る) 廃酸、廃アルカリ製品一時保管エリア 26.6m3×1基 3.3m 屋内 一時保管
24 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず 未加硫ゴム及びタイヤ一時保管エリア 40m2 5.0m 屋内 一時保管
25 廃プラスチック類(再生利用なものに限る)、金属くず(基盤などの配線板に限る) RPF原料ヤード 24.5m2 1.2m 屋内 破砕処理
26 汚泥、動植物性残さ 汚泥ピット 33.3m2 6.0m (200m3) 屋内 焼却処理
27 廃酸・廃アルカリ 廃酸・
廃アルカリタンク
5.4m2 4.6m (20m3) 屋外 焼却処理
28 汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず 産廃ピット 90m2 10.3m  (730m3×1基) 屋内 焼却処理
29 燃え殻(再利用可能なものに限る)、汚泥、動植物性残さ 肥料原料ピット 38.4m2 5.9m  (200m3×1基) 屋内 乾燥処理

このページの一番上へ ▲

サイトマップ

日本SME格付日本SME格付においてaa(ダブル・エー)を取得しました。
ISO14001認証範囲:本社、嵐山ES、寄居ES、群馬ES、浦和事務所、北関東支社
産業廃棄物処理特定施設整備法嵐山エコスペース 1997年3月認定
寄居エコスペース 2005年2月認定
プライバシーマークの取得個人情報保護管理の徹底とともに、コンプライアンス体制強化に取り組んでいます。