環境貢献事業

ホーム > 環境貢献事業 > 施設について > サーマルリサイクル

環境貢献事業 / 施設について / 中間処理総合リサイクル施設サーマルリサイクル

限りある資源を有効活用

サーマルリサイクルとは、廃棄物を焼却した際に発生する熱エネルギーを回収して、利用するリサイクル方法です。特にプラスチック類などは純石油製品が故に、大量の熱エネルギーを回収することが可能です。

石油を限りある資源と考え、少しでも廃棄物をエネルギーにかえようと、当社では廃プラスチック類、紙くず、木くず等を燃料とし、発電による省エネ化、汚泥や有機汚泥を乾燥する熱源として利用しております。燃焼温度を800℃以上に保つとともに、バグフ ィルターを使用してダイオキシン、ばいじん等の排出を抑制します。

脱水施設

化学反応脱水機

日本で排出される産業廃棄物の中で最も多いのが汚泥です。その汚泥、動植物性残さ、燃え殻(肥料原料として再利用可能なもの)などの廃棄物を中間処理・脱水後、焼却炉の廃熱エネルギーを利用し肥料を製造しています。当社では有機性・無機性など、汚泥の性状により様々なご提案が可能です。

食残分離機

食残分離機

以前は容器と中身を一緒に焼却処分していた牛乳やヨーグルトなどの廃棄物を、容器と中身に分ける食残分離機を導入し、さらなるリサイクル率を高めました。容器と中身を分別することにより、容器はRPFなどにリサイクル、中身は肥料として食品リサイクル法に適応した処理を行うことが可能です。

また食残分離機の導入により、更なるリサイクル率の向上が実現しました。
詳細は食残分離機のページをご覧ください。

有機肥料製造

有機肥料「システム大地」

選別した有機性廃棄物で製造された有機性土壌活性材は、窒素、りん、カリだけでなく多くの有機性成分を含んでいます。それを埋め立てることをせず、加工を行い、豊かな土壌環境に改善する有機肥料「システム大地」として販売しております。また、当社の農業生産法人でも一部システム大地を使用しております。また食残分離機の導入により、更なるリサイクル率の向上が実現しました。


このページの一番上へ ▲

サイトマップ

日本SME格付日本SME格付においてaa(ダブル・エー)を取得しました。
ISO14001認証範囲:本社、嵐山ES、寄居ES、群馬ES、浦和事務所、北関東支社
産業廃棄物処理特定施設整備法嵐山エコスペース 1997年3月認定
寄居エコスペース 2005年2月認定
プライバシーマークの取得個人情報保護管理の徹底とともに、コンプライアンス体制強化に取り組んでいます。