環境貢献事業

ホーム > 環境貢献事業 > 施設について > 嵐山エコスペース

環境貢献事業 / 施設について / 中間処理総合リサイクル施設嵐山エコスペース

埼玉県比企郡嵐山町花見台12

TEL
0493-62-0011
FAX
0493-62-0881

平成9年(1997年)に埼玉県比企郡嵐山町花見台12番地(花見台工業団地内)に廃棄物の中間処理総合リサイクル施設として完成しました。

一体的に設置される2つ以上の廃棄物処理施設と研究開発施設が併せて設置されており、民間企業としては全国で初めて「産業廃棄物処理特定施設整備法」の認定を受けています。

また、平成11年(1999年)に環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得し、その活動の中で目標としたリサイクル率90%の達成をはじめ、当社は国で定められた基準より厳しい独自の基準を定め、それを守る事により嵐山エコスペースにおけるダイオキシン排出濃度を非常に低く抑えることに成功しており、徹底した環境への配慮を行っています。

処理品目

一般廃棄物 可燃性廃棄物、不燃性廃棄物、汚泥
産業廃棄物 燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、動物系固形不要物
特別管理産業廃棄物 感染性産業廃棄物、特定有害産業廃棄物(鉱さい・燃え殻・ばいじん・汚泥)

維持管理計画

搬入物及び搬出物

搬入物には、産業廃棄物17種類及び特別管理産業廃棄物一般廃棄物があります。搬出物には、再利用されるものとして、有機肥料・固形燃料及び金属スクラップ、最終処分場へ運び埋立て処分するものとして焼却残さ及びガラスくず等があります。

産業廃棄物17種類及び、特別管理産業廃棄物、一般廃棄物については、処理品目をご覧ください。

廃棄物処理施設の能力

汚泥、プラスチック、廃油その他の各種産業廃棄物並びに家庭から出る一般廃棄物受入、一部の廃棄物については肥料等としてリサイクルし、その他のものは最終処分するための前処理としての安定化、減容化の処理をする施設です。

廃棄物処理施設の能力詳細

No. 施設名 形式・能力 処分方法 廃棄物の種類
1 焼却施設 再燃焼室 12m3/日(24h) ロータリーキルン後段の再燃焼室へ直接噴射し、燃焼する。 廃油・廃酸・廃アルカリ
ロータリーキルン+
後燃焼ストーカー 65.8t/日(24h)
ロータリーキルン燃焼と再燃焼室(ストーカー含)を組み合わせた連続燃焼。 汚泥・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・動物系固形不要物・ゴムくず
2 脱水施設 化学反応による 288m3/日(24h) 汚泥ピットよりクレーン投入処理後、移送コンベアにより、貯留ピットへ排出。 汚泥
3 破砕施設 3軸スクリュー破砕機×1基28t 42t/日(12h) ピットよりクレーン投入処理後、ベルトコンベアにて廃棄物ピットへ投入。 廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず・ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず・がれき類
4 圧縮施設 油圧式(60t/cm2)圧縮機 50t/日(8h) 搬入後、手動投入し、圧縮、処理物はフォークリフト等で搬出。 金属くず
5 コンクリート
固型化施設
セメント及び薬剤添加混練式 20t/日(8h) サイロ等より投入後。セメント又は薬剤添加後混練し、コンベアにて養生ピットへ投入。 鉱さい・ばいじん・燃え殻
6 脱水・
乾燥施設
傾斜型ロータリードライヤー 47.8t/日(24h) ピットより投入し、焼却施設の余熱利用による熱風乾燥を行う。 汚泥・燃え殻・動植物性残さ
7 破砕施設 3軸スクリュー破砕機×1基 42t/日(12h) 破砕処理後、コンベアにて排出。 廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず・がれき類
8 破砕・減容
施設
(RPF製造)
3軸スクリュー破砕機×1基
1軸破砕機+熱圧縮成形機 42t/日(12h)
重機等により投入。破砕処理後、コンベアにより成形機に投入。成形処理後、コンベアにてストック場所に搬送。 廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず
9 破砕施設 3軸スクリュー破砕機×1基
4.75t/日(8h)
重機等により投入後、破砕処理。 廃プラスチック類

廃棄物保管施設の容量

取扱い品目に対し、延べ17種類の保管用ピット・サイロ等を備えており、いずれも最大処理能力に対して余裕のある保管容量を確保しています。

廃棄物保管施設の容量詳細

No. 廃棄物の種類 保管施設名称 容量 保管の
高さ
保管
状態
処理内容
1 燃え殻、汚泥、動植物性残さ 肥料原料ピット 144m3×3基 約8.7m 屋内 脱水処理、乾燥処理
2 汚泥、動植物性残さ 汚泥ピット 208m3 約8.7m 屋内 乾燥処理
3 廃油 廃油ピット 20m3 約4.0m 屋外 焼却処理
4 廃酸・廃アルカリ 廃液タンク 20m3 約4.0m 屋外 焼却処理
5 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず 産廃ピット 401m3 約8.7m 屋内 焼却処理
6 ばいじん 捕集サイロ 20m3 約5.2m 屋内 コンクリート固形化処理
7 金属くず 金属ピット 52m3 約8.7m 屋内 圧縮処理
8 ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず、がれき類 不燃物ピット 139m3 約8.7m 屋内 積み替え
9 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず 破砕物ピット 522m3 約8.7m 屋内 破砕処理
10 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず 破砕原料ピット 100m3 約5.0m 屋内 破砕減容
11 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)及び陶磁器くず 破砕原料ヤード パレット積み 約2.0m 屋内 破砕処理
12 廃プラスチック類 RPF貯留ヤード フレコン、籠、ドラム缶 約3.0m 屋内 固形燃料保管

このページの一番上へ ▲

サイトマップ

日本SME格付日本SME格付においてaa(ダブル・エー)を取得しました。
ISO14001認証範囲:本社、嵐山ES、寄居ES、群馬ES、浦和事務所、北関東支社
産業廃棄物処理特定施設整備法嵐山エコスペース 1997年3月認定
寄居エコスペース 2005年2月認定
プライバシーマークの取得個人情報保護管理の徹底とともに、コンプライアンス体制強化に取り組んでいます。