環境貢献事業

ホーム > 環境貢献事業 > 処理品目について > 処理フロー:繊維くず・木くず

環境貢献事業 / 処理品目について処理フロー:繊維くず・木くず

産業廃棄物における繊維工業から排出される糸くず・布くずを指します。このうち、木綿や羊毛など天然繊維で作られているものを繊維くずと規定しています。アクリルやナイロンなどの合成繊維は廃プラスチック類に分類されます。一方木くずは、特定業種から排出される廃木材を指します。

当社での一般的な処理フロー

このページの一番上へ ▲

サイトマップ

日本SME格付日本SME格付においてaa(ダブル・エー)を取得しました。
ISO14001認証範囲:本社、嵐山ES、寄居ES、群馬ES、浦和事務所、北関東支社
産業廃棄物処理特定施設整備法嵐山エコスペース 1997年3月認定
寄居エコスペース 2005年2月認定
プライバシーマークの取得個人情報保護管理の徹底とともに、コンプライアンス体制強化に取り組んでいます。