CSR/社会貢献

ホーム > CSR/社会貢献 > 青少年育成活動:総合的な学習の時間

CSR/社会貢献 / 青少年育成活動総合的な学習の時間

総合的な学習の時間とは?

総合的な学習の時間(そうごうてきながくしゅうのじかん)は、児童、生徒が自発的に横断的・総合的な課題学習を行う時間です。この時間は、国際化や情報化をはじめとする社会の変化をふまえ、子供の自ら学び自ら考える力などの全人的な生きる力の育成をめざし、教科などの枠を越えた横断的・総合的な学習を行うために生まれました。特徴としては、体験学習や問題解決学習の重視、学校・家庭・地域の連携を掲げていることであり、内容としては、国際理解、情報、環境、福祉・健康などが学習指導要領で例示されています。

学習風景

地元の田島小学校の児童達が『総合的な学習の時間』として当社に見学に訪れました。

第1・2回【2009年2月6日(金)/2月20日(金)】

このページの一番上へ ▲

サイトマップ

日本SME格付日本SME格付においてaa(ダブル・エー)を取得しました。
ISO14001認証範囲:本社、嵐山ES、寄居ES、群馬ES、浦和事務所、北関東支社
産業廃棄物処理特定施設整備法嵐山エコスペース 1997年3月認定
寄居エコスペース 2005年2月認定
プライバシーマークの取得個人情報保護管理の徹底とともに、コンプライアンス体制強化に取り組んでいます。